施設によって分析結果に差があること

臨床化学における大きな問題点の一つは、検査を受ける病院によって、検査の結果が変わってしまうという点です。同じ患者さんの同じ血液や尿なのに、どうして検査結果が違ってしまうのでしょうか。

数値は同じだけどお医者さんによって判断基準が異なるから、治療の方針もそれに応じて変わってくるというのならまだわかりますが、数値そのものが違ってしまうことがあるのです。

その原因としてあげられるのが、患者さんから提供してもらった検体(血液や尿など)を分析するときの機械や道具が、病院によって異なっていることです。

昔から使っている古い機械から最新の設備まで、全国の病院や検査センターで使っている分析装置はまちまちです。これによって、仮に同じ検体であったとしても、分析結果の数値が異なって表示されてしまうのです。

こういった問題を解消するために、臨床化学の学会や現場の人たちの努力がなされています。基準を明確にするためには、どのようにすれば良いかを話し合っているのです。私も、これについて何か協力できることはないだろうかと思っています。